最近新しく魚仕立て専用の包丁を購入したので本日はレビュー!

少し前から津本式.COMさんで販売されている「津本式包丁」「津本式ペティナイフ」が気になっていました。

津本式ってなんぞや!?

って方は過去記事を...

津本式ノズルレビュー!真鯛を3日~5日熟成させて刺身と炙りで食べてみた

真鯛の神経締めに最適!3500円で完成する津本式ポンプ(津本式血抜きマシーン)の作り方!

この包丁は、津本さんが日頃から魚を捌く際に愛用されていた「堺孝行」の包丁を、よりご本人が使いやすい形状・長さ・重さに改良したコラボ商品となっています。

津本さんが使っていた包丁についてはこちら

津本式コラボ包丁についてはこちら

この津本式包丁を通販で購入しようかと思ったのですが、おそらく「津本式包丁」や「津本式ペティナイフ」の原型となったであろう青木刃物「堺孝行」イノックス サバキ東型 15cmを今回は購入してみました。

スポンサーリンク

青木刃物「堺孝行」イノックス サバキ東型 15cmレビュー

堺孝行・サバキ東型1

青木刃物「堺孝行」イノックス サバキ東型 15cmを購入した理由は

「津本式包丁」「津本式ペティナイフ」よりも7,000円安かった!

私にとって刃渡り150mmぐらいの包丁が一番使いやすい!

堺孝行」・サバキ東型2

少し重量がある包丁の方が好み!

こんな理由から...

購入した包丁の仕様は

「堺孝行」 サバキ東型 15cm

全長270mm
刃渡り150mm
重量180g
背厚2.2mm
材質 モリブデン特殊鋼
アマゾン価格 8,200円アマゾンで見る

購入検討した包丁の仕様は

「津本式包丁」

全長299mm
刃渡り180mm
重量159g
背厚2.4mm
材質 モリブデン特殊鋼
価格 15,660円→津本式.comで見る

「津本式ペティナイフ」
全長260mm
刃渡り150mm
重量96.5g
背厚1.9mm
材質 モリブデン特殊鋼
価格 12,960円→津本式.comで見る

となっています。

「堺孝行」イノックス サバキ東型も、購入時から右6・左4で本刃が付いているため、そのまま使ってもこんな感じである程度の切れ味はあります。

試し切り

しかし私には少しだけ物足りない...

いつもの様に刃の黒幕+名倉砥石でさらに切れ味をアップ!

刃の黒幕とサバキ東型

刃の黒幕2000番と名倉砥石

刃の黒幕2000番砥石

刃の黒幕5000番と名倉砥石で研ぐと、本当にイイ刃が付きとても良く切れます!

刃の黒幕5000番と名倉砥石

モリブデン特殊鋼(イノックス)は、サビに強く粘りがあり切れ味も長く持続する特徴がありますが、とても硬い材質なので普通の砥石ではなかなか研げません。

どんな硬い素材の包丁でも、サクサク研げる「刃の黒幕」を使うことをオススメ致します。

詳しい刃の黒幕の使い方はこちらから「関連サイト」→刃の黒幕正しい使い方研ぎ方 おすすめの組み合わせとは

手に持った感触も、包丁の重心がちょうどイイ感じで使いやすそう!

堺孝行・サバキ東型3

男性の中でも手が小さい方なので、包丁の刃渡り15cm前後が私にとっては使いやすい!女性の方の普段使いの包丁は、これぐらいの長さを選ばれると良いと思います。

スポンサーリンク

アジを青木刃物「堺孝行」イノックス サバキ東型で捌いてみる

今回はアジを捌いてみました。

アジの捌き方1

ゼイゴを取って

アジのゼイゴ

鱗トルでウロコを取って

鱗トル

関連記事→鱗トルの評判が気になるの?真鯛やハマチの鱗も飛び散らないウロコ取り器がマジ凄い

からサクっと三枚おろしに

アジ三枚おろし

魚の捌き方はどれも基本一緒なので、詳しい捌き方が知りたい方は関連記事→真鯛の捌き方・三枚おろしと頭の割り方のコツ!自分で捌いたマダイは3倍美味しくなる

この包丁の特徴である刃先が、魚を捌く際に非常に使いやすい!

サバキ東型特徴1

サバキ東型特徴2

最後に銀の爪で骨を抜いて完成!

銀の爪

関連記事→魚の骨抜きは100均はダメ!銀の爪なら鯛の骨も簡単に抜けるよ

小魚だけでなく2~3キロの真鯛でもこれ一本で捌けます。

画像はありませんが、蛸を捌いてから薄造りもこれ1本でかなりGOOD!

津本式包丁はこんな人には最適!

刃渡り180mm(刃部175mm)なので手が大きい男性!

サワラ・ハマチ・カンパチ・真鯛なども刃渡り150mmで捌けるがやはり使い勝手は悪いので、釣りのメインターゲットがこれらの魚!

重量159gと軽く疲れにくいので、飲食店や本職の魚屋!

出刃包丁より扱いやすいので、はじめて魚を捌くための包丁を購入!

こんな方には「津本式包丁」は最適だと思います。