タイラバもいいけどたまには気分を変えてインチク♪

真鯛がヒットすると比較的サイズも良型ですし…

それではいきます。

インチクのヘッド部分は遊動式の鯛ラバヘッドを使います。

鯛ラバヘッド 鉛にスプレーで色を塗る

【インチク】で使用するもの。

tairaba016 002

YO-ZURI タコ(キ)AR 3.5号 タコベイト

シーハンター 10号

PEマダイ 12号~14号

ムラムラチューブ 超!ケイムラ

ラウンドビーズ8mm(100均ダイソー)

スポンサーリンク

自作遊動式インチクの制作手順

①針 PEマダイ12号・13号をハリス シーハンター 10号で本結び(内掛け結び)で結びます。
・内掛け結びはこちらのサイトが見やすいです。

tairaba017 001

②ハリスの反対側に、もう1本針を本結び(内掛け結び)で結びます。
・鯛ラバのハリスを結び時と同じような要領で、左手の指を広げ小指の先の画像の位置に針を置き反対側を結び。
・鯛ラバ 針とハリスのセッティングより2cm程度長めに結ぶ。針~針のハリスの長さは24cm
・上針PEマダイ13号・下針PEマダイ12号

tairaba016 003
tairaba017 003

③画像のように、ラックなどに針を掛けゆっくりと締め込みます。

tairaba016 006

④余ったハリスを切り、針が段差になるようコブを作ります。
・上針の根元から結び目は2.5cm前後になるようにしています。

tairaba017 004

⑤ラウンドビーズ8mmとムラムラチューブを2.5cmに切り画像のようにはめ込みます。

tairaba016 008

⑥タコベイトの先端を少し切り針・ハリスをセッティングします。

tairaba016 010

⑦遊動式の鯛ラバヘッドにセッティングし完成です。
・画像の鯛ラバヘッドは、スプレー青・シールブルピンを使用しています。

tairaba016 012

昨年から、試験的に使用していますが遊動式インチクも鯛ラバ同様、マダイ・根魚・青物となんでも釣れます。